消費者側に立つ独立系FPが集まる

お気軽にどうぞメールでのお問い合わせ

会員規約

HOME > 会員規約

会員規約

ファイナンシャル・プランニング技能士会 会則

第1章 総則
(名称)
第1条 本会は、ファイナンシャル・プランニング技能士会と称し、
英文ではFinancial Planners Associationと表示する
(目的)
第2条 本会は、会員相互の研鑽を重ね、資質の向上を図り、利益相反とならない収益形態を追求するFP事業を展開する個人・事業者を発展させ、顧客および社会に寄与することを目的とする
(事務局)
第3条 本会の事務局を、事務局担当の役員の事務所内に置く
(事業)
第4条 本会は第2条の目的を達するため、次の事業を行う
1 研修及び講演会
2 親睦のための行事
3 社会に対する福祉活動
4 その他、第2条に付帯する事業

第2章 会員
(会員)
第5条 本会は、次の資格を有する者をもって会員とする
1 CFP,AFP保有者あるいは1級FP技能士,2級技能士保有者
2 現状、将来においてフィーでの売り上げが存在するFP事業者
※フィーとは、顧客から受取る料金または、顧客に金額を明示した上で受取る販売手数料や紹介料などを言う。(顧客に金額明示せずに受取る販売手数料や紹介料等はコミッションであり、フィーとはならない。)
3 所定の手続きを経て入会承認を得たもの
4 本会の会則を遵守するもの

第3章 役員
(種類及び定数)
第6条 本会に次の役員を置く
1 幹事
代表幹事1名、副代表幹事3名以内、事務局長1名、事務局幹事及び幹事それぞれ若干名
2 監査人 2名以内
(職務)
第7条 役員の職務は、次のとおりとする
1 代表幹事は、本会を代表する
2 副代表幹事は、代表幹事を補佐し、代表幹事に事故ある時又は欠けたときには、その職務を代行する
3 事務局長は、代表幹事及び副代表幹事を補佐し、本会の事務局業務を行う
4 事務局幹事は、事務局長を補佐し、事務局業務を処理する
5 幹事は、代表幹事、副代表幹事を補佐し本会の業務を執行する
6 監査人は定期的に業務執行状況及び会計監査を行い、総会に報告する
(選任、任期及び補充)
第8条 役員の選任は、会員の中から総会で選出する
  2. 役員の任期は2年とし、再任を妨げない
  3. 役員は、幹事会で補充選任ができる
  4. 補充役員の任期は残任期間とする

第4章 会議
(会議の種類)
第9条 会議は、総会、幹事会の2種とする
(総会)
第10条 総会は定時総会及び臨時総会とする
  2. 定時総会は、その年の3月31日の会員をもって構成する
  3. 総会は、委任状によるものをふくめて会員の3分の1以上が出席して成立し、当日出席者の過半数をもって議決する
  4. 定時総会は年度終了後2か月以内に、臨時総会は幹事会が必要と認めたとき、会員の3分の1以上又は監査人から請求のあった時、代表幹事が招集する
  5. 総会の議長は、出席会員の中から選出する
  6. 総会の議決事項は、次のとおりとする
    ①事業報告及び決算書案の承認
    ②事業計画及び予算案の承認
    ③幹事及び監査人の選任
    ④会則の変更の承認
    ⑤その他、本会の基本的事項に関する決定
(幹事会)
第11条 幹事会は、幹事をもって構成する
  2. 幹事会は委任状によるものを含めて構成員の2分の1以上が出席して成立し、
当日出席者の過半数をもって議決する
  3. 幹事会は、年間3回以上開催する
  4. 幹事会は、代表幹事が招集し、議長を務める
  5. 監査人は幹事会に出席できる。但し、議決権を有しない
 6. 幹事会の議決事項は、次のとおりとする
   ①総会において議決された事業の執行に関する事項
   ②総会より委任された事項
   ③総会に付議すべき事項
   ④事務局運営に関する事項
   ⑤会員資格喪失に関する事項
   ⑥欠員役員の補充の選任に関する事項
   ⑦その他必要な事項

第5章 事務局
(事務局)
第12条 本会の業務を処理するために事務局を置く
  2. 事務局は、総務事務、財務会計、会員組織、会報発行、情報管理に関する業務を処理する

第6章 会計
(会費)
第13条 本会の経費は、会費・臨時会費及び寄付をもってこれにあてる。会費は入会金10,000円、年会費12,000円とし、年会費は当年度分を当年度4月に一括納付とする
  2. 再入会の会員には、入会金10,000円を免除する
(会計報告)
第14条 本会の会計については、財務会計担当の事務局より定時総会に報告し、その承認を得なければならない
(会計年度)
第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる

第7章 倫理
(倫理の遵守)
第16条 会員はFPの倫理に反する行為、本会の名誉を傷つける行為、本会の諸規定に違反する行為などの、本会の会員にふさわしくない行為を行ってはならない
  2. 会員が前項に違反した場合、幹事会の判断により必要な措置を講じる
  3. 当該会員の行為が、本会の運営に著しい悪影響を及ぼす場合、幹事会は除籍などの処分を行うことができる
  4. 除籍処分を行った場合には、処分後最初に開かれる総会に報告しなければならない

第8章 会員資格の喪失
(資格喪失事由)
第17条 督促がなされたにもかかわらず、当年度分会費を当期末までに納入なきときは
会員資格を失う

第9章 会則の変更
(会則の変更)
第18条 会則の変更は、総会の決議による

以上

ファイナンシャル・プランニング技能士会 会員倫理規程

第1条 会員は、顧客利益を常に追求しなければならない。

第2条 会員は、顧客に対して、その業務の適正、公平さを保つために必要なすべての情
報を開示しなければならない。

第3条 会員は、利益相反となる事項の逓減・削減に努めなければならない。また、利益相反となる事項がある場合は、これを顧客に開示しなければならない。

第4条 会員は、顧客に対して、いかなる時もフィデューシャリー・デューティーを負うことを自覚し、行動しなければならない。

第5条 会員は、ファイナンシャル・プランニングについて常に専門知識、技能、能力の
向上に努めなければならない。

第6条 会員は、ファイナンシャル・プランニングの業務上知り得た顧客の秘密を守り、
節度のある行動をとらなければならない。

第7条 会員は、ファイナンシャル・プランニングの業務に誇りと責任をもち、専門家と
しての業務を誠実に提供しなければならない。

第8条 会員は、誤った、あるいは誤解を招く方法で顧客を勧誘してはならない。

第9条 会員は、技能士会若しくは他の会員の信用を傷つけ、又は技能士会若しくは他の会員の不名誉となるような行為をしてはならない。

第10条 会員は、技能士会が定めた費用等の負担金を協会に支払わなければならない。

第11条 会員は、資格・認可が必要とされる業務については、法の定める資格・認可を
得ることなく、かかる業務を行ってはならない。

第12条 会員は、本規程その他の技能士会の規程・細則等を誠実に順守し、技能士会の発展及び他の会員との協調に努めなければならない。

TOPへ戻る